靖幸観察

靖幸ちゃんの私的観察

👓161024 Premiumone#32

久々にやろうとしたら、10週も溜まっていることに気づき、はっ。としておりますが、改めて前のをジーックリ聞く機会になるので、ぼちぼちやろうと思いまーす。

 

この週のワタクシ的な聞きどころは・・・

1 オープニングで、こいちゃんにツアーで曲変えるの?と聞いてるところ。これ運命ツアーのリハあたりなので、実はヒントだったのね〜?

2 コイちゃんに、野望は?って聞いて「野望で形成されている身体」と靖幸氏。なるほどw

3 しばたはつみさんの件しかり、色々と靖幸ちゃんがたくさんお話ししてるところ。

4 お題選曲を靖幸氏が実施したところ、ハイブローになりすぎて首絞めたという件

5 だいすきなNetflixの話で、何見ているかについて触れているところ

6 こいちゃんが出してきた盲信通信のお題にダメ出しし、かつどこかの部長か?っていうような言い方をし、さらに「はい言って。この番組は・・」って指示する、めっちゃレアシーンのところ。←この6、めっちゃいいわ!

 

 

オープニング

 

岡:どうも岡村靖幸です 
小:小出・・
岡:あい
小:番組は毎週続いてますが、収録貯金が
岡:うん。ウンウン。そうね〜。あるね。久々会ったのかな?じゃー。
小:2〜3週間会ってないのかな。何してました? <←恋人かよw?>
岡:んーーーーー。色んなことしてました。あの。セイコウフェスとか
小:あ〜〜〜そうだそうだ。どうでした?
岡:良かったですよ。楽しかったです。いろんな人出てて。打ち上げも楽しかったです。<ふつーにおっしゃってますw>
小:あれだけのラインナップで
岡:ふふふ。ライムスの方々は前日だった。スチャダラの方々とか・・。尊敬している幸宏さんともお話しできたし、光栄でしたね。そっちは?最近は。
小:ツアーが年またぎで・・
岡:あ〜言ってたやつね。曲はどうするの?ずっと変えていったりするの? <こんなところに運命ツアーのヒントが!!過ぎたからわかるけど>
小:ちょっとまだ・・。
岡:ストーンズみたいなことやるの?急に曲順変えたりとか。
小:うちは結構やりますよ
岡:へ〜〜〜。気分で?
小:前日踏まえて
岡:あと。ま。会場によってとか?地方によってとか?
小:わざと決めてない。日替わりでやろうぜ
岡:そう。ツアーがさ。今回・・長いんでしょ?2年またぎみたいな。半年。ながっ。それ以外にレギュラー。いろんなのやってね。忙しそう・・
小:間でレコーディング
岡:大変だね〜
小:半年ぐらいのスケジュールをもらってて
岡:ふ〜ん。それ。その。そのスケジュールを見て イエイ.ヽ(^Д^*)/. ゜!!って思ってるの?それとも、大変だ〜(ささやき)って思ってるの?
小:大変だって思ってますよ
岡:へ〜。あなたの中での。じゃ理想のスケジュールと。野望は何? 野望はあるの?こーなりたいとか。こうしたいとか。これを手に入れたいとか。
小:物欲はあるけど、貪欲じゃない
岡:立身出世物語みたいのないの?
小:拡大されていけばいいかな
岡:それが野望なのね? <確認中>
小:岡村さんあります?
岡:俺はね〜。もうね。あれですよ。なんだ!?<あれですよ!のあとが、なんだ!?ってねw> 野望で形成されているといってもいいと。身体が。www <そーなのね!(笑)>
小:(笑)まーまー
岡:よろしくお願いします <ほほほ>
小:曲行こうとしてます? <見透かされてるw>
岡:(笑)違うの? ふふ。岡村靖幸でどぉなっちゃってんだぉ <なぜここでゴニョった?>

 

 

♬どぉなっちゃってんだよ 岡村靖幸

 


【PV】 岡村靖幸 「どぉなっちゃってんだよ」

 

 


岡:岡村靖幸がお届けしているプレミアムワンです。お送りしたのは、岡村靖幸でどぉなっちゃって、ん、だよ でした。
小:今日の気分の1曲
岡:えーっとね。これはねー。コンドーさんがねー。カサイキミコさんっていう人・・のアナログ買ってたんですよ。あぁそういえばカサイキミコさんていたなーって思って。でカサイキミコさんで。こう・・関連して、俺、思い出したのがこの方。今掛ける方なんですけど。聞いてみると、やっぱ良かったです。聞いてみましょうか。しばたはつみでシンガーレディー(1975年)

 

 

www.youtube.com

 

 

しばたはつみさんは、2010年3月にお亡くなりになっているそうです。晩年は乳がんやうつ病と戦いながら、銀座のライブハウスで活動されていたとのこと。この後、「大野さん」というお名前が出てくるのですが、その大野さんとは、ルパン三世等で知られるジャズピアニストの大野雄二さんのことのようです。

シンガーレディ~身を唄に捧げた女~(しばたはつみ論) – EmE

 

 

 

岡:はい。しばたはつみさんで、シンガーレディーでした。ファンキー。そうかそうか。なんかファンキーだなーって思って。僕ね最近。しばたはつみさん自体は、もう子供の時から知ってて。あのー。昔。テレビの番組で(聞き取れませんでした(--))っていう番組があってすごいね。あのー。セラ ユズルさんとか。いとうゆかりさん?がレギュラーでやってる。司会の番組で。すごい大人っぽい。みんなドレス着たりとかして。大人っぽい番組だったんですけど。よくそれに、しばたはつみさん。よく出・・出られててて。とっても歌が上手い人として印象に残ってたんですけど。すっかり、こう・・。僕の中からあんまり聞いたりとかせずに、覚えてなかったんだけど。これ聞いたら。ああいいな〜って思って。ねね?このアルバム。じ。このアルバム聴いてみようと思ったら、このね。シンガーレディーっていうアルバムがあって。1枚。なんかコンセプトアルバムっぽいんですよ。こう。シンガーとなり。スターになっていく。女性の。そう物語のアルバムなんですよ。(す〜)大野さんがやってらっしゃって全編ルパン三世感が。ぜひ。聴いてないんだったら聴いてみて。この曲以外もいいんです。
小:僕の今日の1曲はオアシスのリマスター
岡:う〜ん。う〜ん。う〜ん。
小:3枚目が好きな人がいない
岡:3枚目ってちょっとハードになる?
小:僕は3枚目からオアシスに入った
岡:あ〜そうですか。
小:初めてコピーした曲
岡:思い入れ半端ないね?(笑)
小:オアシス スタンド・バイ・ミー

 

小:なんでこういうアレンジ?主メロにぶつけない <音楽談義が始まります>
岡:そうですね。やらない。やらない。たま〜〜〜〜 !!!にしかないですね。そういうのはね。メロディーと全くおんなじ。ジャニーズチャップリンのムーブオーバーとか。今思いつくのは。ぶつかっちゃうからね。
小:後ろにストリングスが・・
岡:あ〜〜〜。はいはいはいはい。オアシスってあれですか?歌詞も結構いいの?
小:訳すとわかんない
岡:へ〜
小:韻踏んでる
岡:へ〜。すっげーいい詩だな。みたいの全然あんまりないの?
小:日本語訳知らない
岡:ほんと?でもさ。今、時代でさ。あのほら。iTunesとかで買っちゃうと、歌詞ないじゃん?だから今、もっともっと歌詞カードや歌詞見ないで聞いてる人、増えてる気がするんですよ。それはね。ほんとにね。よ。あの。良くないと思うんですよ。みんなね。歌詞カード見ながらー。聞いてほしいなって。思う、今日この頃です!!
小:私も
岡:(笑)はい。


お題選曲:靖幸ちゃん検討し首絞めたというテーマw


小:いつも僕が決めてるみたいな?
岡:うーん。みんなで話し合ってる話し合ってる
小:ですよね?何故かオンエアでは俺が決めているって
岡:最終ジャッジはね
小:じゃー岡村さん決めてくださいよ!
岡:あのねー。なんで俺。じゃー深い。深い。ちゃんとしたこと話しましょう。なんで僕が最終ジャッジに関わらなかったかっていうと。小出くんはね。結構、選曲に対して。ストーリーを作って来たりとか。選曲に対して、面白い話をたくさんしてくれるから。なんか浮かんで。浮かぶと。これだったら喋れると。これだったらいい物語が作れると。とかいう、ピーンと閃いて最終ジャッジしてると思ったから。そこに俺は。あんま
小:譲ってくれてる?
岡:譲ってるんじゃなくて! いいパフォーマンスやるなって思って。選曲に対して。そこに対して。あ!それは違うとか言わないで。もう、自分は見てようと思って
小:僕、その段階では考えてない
岡:そう〜なんだ〜。<残念そうw> そう思ってましたー。
小:季節柄ぐらい
岡:あ。ほんと?深いこと考えてない? <あっさりw>
小:岡村さんガンガン決めてください
岡:ふゎい。 <フニャフニャ・・w 反応わかりやすっ> うーむ。
小:で、岡村さん作ってくださいって言ったら。なぜかディレクターさんが一覧持ってくる。それにないのを作った
岡:そうなの。俺が。だから。これも。家でやって。俺、やんない方がいいなって思ったんですよね。こんな、めん・・。<面倒って言いそうになったでしょ?よく止めました✌️> 難しい。こんな。だ。ハイブローになっちゃうの。俺がやると。自分で出して自分で首を締めてましたw
小:文章としても難しいですよ
岡:(笑)本っ当に難しいねー
小:本当に大事なことを伝えたい時に、心で流れている曲
岡:ま、ハイブロー過ぎるよね。ちょっと難しい。うーん。
小:本当に大事なこと。だけでもハードル高い。伝える時じゃなくて伝えたい時。
岡:うん。そうそうそうw。・・ふぅ〜。あのね。ちょっとハイブローでした。あのね。僕はね。自分で自分の首絞めたな〜と。思って。もう二度とやるまいと思ってたけどw それで! 選んだ曲はですね。昔から聞いてた曲じゃないんですけどw 最近聞いて、いいなーって思った曲。聞いてみましょっか。大橋トリオ ステイゴールド

 

 

 

♬ ステイゴールド 大橋トリオ

 

 


岡:え〜。大橋トリオでステイドールド。そう〜なのよ。そんな感じしました。これはあれです。宇多田ヒカルさんの。あのー。トリビュートアルバム。はい。あのねー。あのー。ここの番組で言ったの覚えてる? <もちろん覚えてますよ!> あのー。最近ちょっと。ど頭で話したと思うんだけど。「最近ちょっと憂いてることありますか?」って。「ないです!!!<きっぱり>」って。もうそんな憂いてる時間ないし。憂いてることを。考えてる時間を。持つこと自体がアレなんですよ。みたいな話をして。終わったと思うんだけど。僕ね。ちょこちょこするんです。憂いの話を。でー。その時、岡村さんは?って聞かれるから。ま、小出くんと話した時に・・ように。ま。カーディガンを1枚ぐらい。うすーく。うすーく。こう。いつも常に。憂いはあります!っていう風に。よく、人と話しててもそうだし。ま。インタビューみたいな時にもいうんですけど。(すぅ〜)相手によっては、岡村さんの憂いはセクシーです。すごいセクシーですよとかって言われて。全然ピンと来なかったんですよ。ん〜?なんで?憂いが・・憂いは憂いですよ。なんで憂いが色気なんだって(--)。宇多田さんの新譜聞いたら。僕のことはちょっと置いといて。憂いは・・セクシーだなって思いました。全編に漂う、切ない。憂いてる感じ?このアルバムに限らないと思うんですけど。宇多田さん・・っていうアーチストに。ずーっと通底してるっていうの?ずーっと通底している切なさ。憂いみたいのっていうのは。今回のニューアルバムは特にそうかもしれないけど。 <小:僕もそういう感じ> あのー。なんかね。わかるでしょ?歌詞のこう・・シリアスな感じとかも含めて  <もうちょっと話しそうだったのにな・・。話とられた感(--)>
小:ちょっと怖かった。
岡:それもわかる。
小:このまま宇多田さん、この憂いをまとい続けて・・僕の1こ2こ上。
岡:あ〜そうなんだ。年齢的には?そうかそうか。
小:40になったら・・
岡:そうですね。ほんとですね。今の熟し方もすごいもんね。
小:デビュー15・6年でここまで来てて
岡:ウンウン。ウンウン。
小:世界に誇るアーチストだなって
岡:でした。

 


小:じゃー僕の。なんでしたっけ?w
岡:本当に大事なことを伝えたい時に、心で流れている曲
小:僕が、刑事だった頃の実際にあった話なんですけど <来たね〜。こいちゃん再現シーン。最後は、古畑任三郎モノマネになってる>
岡: ぬふふふ。ぬふふふ。うふふふ。 オモシロイ!

 

♬ 古畑'S テーマ



岡:上手でしたね。すごかったです。いや〜すごい上手でした👏
小:事件解決のところでかかる・・
岡:これ古畑さんのために作った曲なんですね?
小:番組ご覧になったことは?
岡:めちゃめちゃあります!面白かったですねー。
小:これじゃなくても・・気に入らない店の、あの店員を論破したとか
岡:ははははっはは。はははっははは。面白いですね。ハハハ。

 


お題選曲:極上カバーソング

 

小:続いての!
岡:面白かったね・・<ぽそ・・>
小:極上カバーソング
岡:うーん。これね〜 (ヒソヒソ・・)
小:僕は・・やったことが
岡:難しいね〜 <囁きすぎ!> でしたっけ?
小:極上が難しい
岡:極上が難しいんだよね
小:僕が・・加藤ミリヤさんの
岡:違うよ。 <いきなり違うよからかいw !?> これ、あなた物語教えてくれなかったっけ?これじゃなかったっけ?

小:その更にアンサーソング
岡:あ。そうなの? <あっさりw>

小:原曲は・・・松本隆さんと・・
岡:ふ〜ん。はい。はい。
小:そのロンリーガールの・・・
岡:モチーフであったり。
小:カバーソングの・・
岡:そう。この前かけてくれてましたね。
小:ECDの・・
岡:ふへ〜。そういう流れだったんですか!
小:ECDのロンリーガール
岡:ああ!そういう流れなんですか!
小:ものすごく良くできたカバーソング
岡:なるほどなるほど。なるほどなるほど。なるほどなるほど。<納得しすぎw>
小:女の子の名前が並んでて・・
岡:ふ〜ん。ふ〜ん。
小:男の考える名前と・・女の考える名前と・・
岡:違いそうですね
小:リアル高校生で・・

 

♬ ディア ロンリーガール  加藤ミリア


岡:は〜い。有名な曲ですね。これね。
小:聞いたことありました?
岡:はい!ありますあります!
小:頭とケツの列挙。やりたいなと
岡:やってください!
小:でもな〜。おじさんの名前並べてもな・・
岡:(笑) 僕の。僕のは。・・・え〜〜〜〜。聞いてみますか?先に。リンダロンシュタットで、Someone to watch over me


♬ Someone to watch over me  Linda Ronstadt

 


someone to watch over me - linda ronstadt

 

 

岡:え〜Linda Ronstadtで、Someone to watch over meでした。すごい有名な曲ですけどね。元々はジョージ・ガーシュウィン。あのだから。ラプソティーブルートとか。パリのアメリカ人とか書いた人。なんですけど。スティングも。スティングもよく歌ってる。気に入ってて。 <↓スティングver>

 

 


Sting - Someone To Watch Over Me

 

 

岡:シナトラとかも。そうそう。沢山の人が。あまりにもスタンダード。有名すぎて。色んな人が歌ってるんですけど。なーんでこれ、チョイスしたかっていうと。あのね〜。ネットフリックスでー。あの〜。今、ネットフリックす最高じゃないですか? <来たよ!ネットフリックス!>

小:岡村さん大好き
岡:だっいすきっ!!!!!(笑)<すんごい好きっていうのがめちゃ伝わってくるだっいすきっ>ネットフリックスで。ウディー・アレンのドキュメンタリーを。やってて。で。あれね。何年か前に・・あのー作られたものなんですけど。で。もう一回見直そうと思って。ウディー・アレンのドキュメンタリー。やっぱり素晴らしくて。

 

ウディー・アレンの映画(まとめ)
https://matome.naver.jp/odai/2139807157275694701

 


岡:でー。ウディ・アレンが、最初のドタバタコメディーから。アニーホール(1977年) ものすごい沢山賞をとって。決定的な評価を得るんですけど。

 

アニーホール:ニューヨークを舞台。都会に生きる男女の恋と別れをペーソスと笑いで綴るアレンの傑作ラブ・ストーリー。うだつの上がらないコメディアンのアルビーは、知り合った美女アニーと意気投合して同棲生活を始めるが、次第に相手のイヤなところが気になり出す。そしてアニーの前に現れた人気歌手が二人の仲にピリオドを打つ決定的なものとなった。タイトル・ロールを演じるD・キートンが主演女優賞に輝いた他、アカデミーでは作品・監督・脚本賞を受賞している。

アニー・ホール〜恋愛は不合理、そういうもの〜 ( 映画レビュー ) - 僕の部屋〜創価学会3世として生きる〜 - Yahoo!ブログ

 

 

 

 

岡:その、次の次に。作ったマンハッタン(1979年)っていう映画があるんですけど。それね。全編ジョージ・ガーシュウィンが流れてるんです。本当にロマンティックな映画で。ま。その映画もやっぱり賞を総ナメするんですけど。(す〜)それね。久々みて。久々思い出して。ジョージ・ガーシュウィンのこの曲・・ジョージ・ガーシュウィンいいわって思って。このお題・・を考えた時に、ジョージ・ガーシュウィンって言ったら。この曲有名だからって。ちょっとチョイスしてみましった。うん。
小:極上ってスタンダートだったりしますね
岡:そうですね。僕にとってとかって。また色々ありますけどね

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ・ガーシュウィン

↑多分、うまく貼れないので、wiki先生で検索してみてください

 


エンディング


小:盲信通信の・・・
岡:そう。俺送ったよね〜? LINEでね。<えっへん的な言い方してる>
小:お題を・・
岡:君が送って来た。<部長みたいな言い方しておりますw> その盲信通信。俺が早めに。あのどうしようかって。送って来た。盲信通信に対する答えがですねー。なんだあれ〜? <おお。このなんだあれ〜?の言い方珍しいですよ> 電車の中でw。咳する人がいてw。<笑いながら言ってるので、徹子の部屋っぽくなってます> それが、どんくらい怖いか調べたい。
小:はい
岡:それはね。完全に。怖いです!
小:(笑)どんくらいのレベルで?
岡:よくテレビでやってんじゃん。ゴホッッッツ!!!ってやるとさ。飛沫がさ。飛沫が。わ〜〜〜〜〜〜って。もう。それが、どんくらい怖いか調べたい。みたいな。それは。密室だからー。あのー。もうダメなの!ダメなの!あなたがマスクしてようが。相手がマスクしてようが。密室だから。はい。
小:なんで僕のお題に岡村さんが断言してくるのかw <ご不満よねw>
岡:(笑) 盲信通信じゃ〜。使えないよ〜。ちょっと。ちょっと。 ハイっ言ってください。この番組は・・・ <面白い!! 珍しくコイちゃんを負かしてる!!>
小:(笑)リピート放送を・・
岡:はいっ!!!
小:ご意見ご感想を!
岡:お願いしますよ〜。こー。今日もね。魂を込めたなんか。め。アレありましたよね。内容とかも。ちゃんと。
小:魂込めたアレがありましたから <うっすら突っ込まれているのに、靖幸ちゃん気づいておりませんの>
岡:小出くんの、あの物語りとかもね。ちゃんとそれに対するコール&レスポンスが欲しい💟 <C&Rって言ったら送ると思ってるでしょ〜?ほほほほほ>
小:うん。
岡:岡村靖幸でした <←全ささやき!!!&早口。聞こえね〜w>

 

 

👓放送後記

www.tokyosmart.jp

 

 

👓 オシマイ