靖幸観察

靖幸ちゃんの私的観察

👓 160509 Premiumone No8

ほぼほぼ 試聴可能だった今週。青森前に上げまーす♪

今週も、いつもと同じ、こいちゃんのはサクッと省略してますが、岡村さんのはできる限り、聞こえた限り厳密に近くなるように・・がんばるぅ〜!

 

岡:どうも 岡村靖幸で・・すぅ〜 <今日は、まことに軽やかですね〜>
小:GW終わった頃ですね。引っ越しどうです?
岡:あーんま得意じゃない。いや。
小:引っ越しどうしてます?
岡:どうしてます?
小:パターンがいろいろある
岡:あ。両方あるんじゃないですかね。だからその、この部分は全頼み。この部分は自分でちゃんと入れるとか。両方入れたパターン。
小:もの多くないすか?
岡:そんなに多くない。
小:本とかCDとか
岡:意外と多くないですよ
小:2年前に引っ越した。同じ町に。
岡:もの多そうだもん。だって。フィギアだけでどのくらいあるの?
小:棚5個分です
岡:すご!(笑) おもちゃ屋さんじゃん!
小:おもちゃ屋さんなんです。
岡:あのさー。あの、そのぐらいさー。スッゲーとさ、俺はよくわかんないのはさ、人に見せたくならない?
小:なんないです(きっぱり!)
岡:あのさー、俺はさー思うんだけど、すごい家具とか買うんだったらさ、見せたいと思っちゃうの。家に庭とかあったら見せたくなっちゃうの。家の家具とか噴水とか <この時点で噴水ネタw>
小:家に噴水はない・・
岡:うーん。今、ありますけどね(笑)
小:家のどこにあるの?
岡:リビング? <普通におっしゃってますけどww 普通は噴水持ってないです>
小:え!!なか!
岡:使ってないですけどね、最近は。エイリアンの卵みたいな。そっから。
小:本当のエイリアンの卵の大きさってどのくらい?
岡:本当の。本当に、エイリアンのたまごぐらい。多分、このぐらいです。<どのくらいかって(〃∀〃)ゞ>
小:50センチぐらい。<こいちゃん代弁>
岡:50センチぐらい
小:結構でかいですね。家の真ん中に? <いくね〜こいちゃん!いいよ!>
岡:真ん中ではないです
小:どこに?
岡:家の端っこに。それが噴水してたんですよ。<噴水ing>
小:どんくらいの噴水?
岡:これすね。じょわー!じゃないですよ。これぐらい。話が長くなるね・・・(-ω-メ)>
小:だっておかしいですものw
岡:そっか。まー待てます。 <待てます〜!?あなたのお話よw>
小:それは確かに見せたいですね
岡:ウーーーーン。 <見せたくなるって言ったじゃんw>
小:水はどこから?
岡:なか?濾過してるの。循環してるの。
小:それは見せたいですね <2回目>
岡:うーん。 <何を警戒してるんだw>
小:どういう経緯で買ったのか?
岡:中目黒で見かけて買ったんです。高いは、デカイは。石ってさ、これぐらいだと・・
小:石製なんですか!石ってガチ
岡:ガチ噴ですよ!いつまで続くの(--)!この話、もういいです! <なんで飽きちゃったの〜(笑)>
小:めっちゃ気になる <だよね〜。こいちゃんメッチャ引き出してます!>
岡:(笑)

小:では岡村さんの曲・・

岡:岡村靖幸で ビバナミダ


🎵 岡村靖幸 ビバナミダ

 

 

ビバナミダ

ビバナミダ

 

 

 

岡:岡村靖幸がお届けしています。
小:ディテール聞きましたけど、(噴水は)エンターテイメントなんですね?自分は、そもそも家に人が来ること想定してない 

岡:うーん

小:物量多いって、友達が見たら引く
岡:でもさ、全く来客がない家って、なんかさ、なんかネットカフェみたいにならない?
小:整理してる。本棚の部屋がある
岡:うーん。うーん。うーん。そうだな。資料とか凄そう!ね!立花隆!!って感じ(笑)
小:専門家ではないけど
岡:すっごいよね。一回、雑誌とかに特集して貰ったら?
小:嫌なんですよ。
岡:ほんと〜 <残念そうw>
小:噴水見せてって言ったらどうします?
岡:俺が写真をパシャッと撮って、それ持っていく
小:そうなりますよね
岡:それだったらいい!!!!??
小:岡村さんも・・
岡:あ!!!!!わかった!わかった!!わかった!!!じゃ、そうしよう!<この、閃いた時の反応が分かりやすくてかわいいね〜> あのさーこの番組で〜。ね?この番組って、写真をパシャって送れるんですって。<パシャってねw>番組でね。放送でね。<先週話してたやつね> で、俺は、噴水を、写真を提供しますよ。<わーい+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+ べいべが中目に探しに行っちゃったりするよ〜> その代わり、あなたは、フィギアの壁一面の奴。棚の1個でいいです。

小:棚1個でトリミングします
岡:それを、ここ数ヶ月のうちにやりましょう!

 

 

今日の気分の一曲

 

小:岡村さんの今日の気分の一曲
岡:はい。まず聞いてみましょうか。松任谷由実さんでフォーカス

🎵松任谷由実  フォーカス  

 

 

小:要は、メガネの曲なんですよ
岡:そうなんですよー <そうなの⁉︎> で、何がいいってね。あなたね!<すごい、おネエになってて、めっちゃかわええw> 歌詞がー。アタシー。その、目がすごい綺麗な人なんですって、この人。で、でも、アタシ、いつも度の強ーいメガネかけて。私は、あなたと出会うためにー!度の強いメガネをかけて、モテてなかったと。あなたのためにー! あなたと出会うためにー! そういう状態にしてたよっていう。あなたにこの綺麗な目を見せるためにー。ずっと度の強いメガネをかけてて、ボヤボヤしてたよっていう。もうね〜いいですよ〜💜 <そこらの女子高生より、ものすごくトキメイテル50歳>
小:地味な女の子の心をうまく表現してる
岡:そうなんです!そうなんです!

 

 

 

小:僕の今日の一曲はストロークスなんですけど、情報がないんです
岡:(笑)

🎵 The Strokes Tap out

 

 

小:ストロークスでタップアウトでした
岡:かっこいいですね!
小:エディットしてるかもしれませんが
岡:エディットしてるとは思いますよ
小:情報は特にないです
岡:大丈夫です!

 

 

5月病に効きそうな一曲

小:5月病に効きそうな一曲
岡:うーん。これ悩んだな〜 <毎週ね〜悩むよね〜ありがとう!>
小:五月病の経験は?
岡:ないす!
小:ですよねー
岡:5月病になるって、だいたい、ずーっと大学の受験して大学受かってちょっと落ち着いて・・なんだったんだ(ポソッと)とか。あと、大学から、就職するために就職を一生懸命やって、就職入れました。そん時、ふと・・なんだったんだ(ポソっと) <ちょいちょい小ネタ入れてくるよねw いいよいいよ〜♪>
小:要は、新入生とか新入社員とかにいう
岡:じゃ、ベテランは思わないわけ?50歳の <誰のことよ?w>
小:新入生に言う。5月の連休で
岡:ぽや〜ってしちゃうってこと?
小:また忙しいところに戻るのかっていうのが
岡:じゃ、若者特有なのね? 60歳の大社長とかう〜んとかならないのね?
小:社長はならないでしょ
岡:じゃーやっぱり若者特有の(笑)
小:主に環境変化で
岡:ベテラン演歌歌手とかはならないのね?
小:演歌歌手が仮にJ−POPに行ったら
岡:(笑) ああ。なんだったんだろうと。一瞬まどうのね?じゃ。まどうっていうか
小:とういうことですね
岡:で、なんすか?その、5月病に効きそうって、どういうことですか?もう一回、こう、シャキッと行こうぜってことですか?なんかこう、覇気を出して行こうぜみたいな?〈只今、確認中〜♪〉
小:それか、寄り添うか
岡:ウーーーーーーーーーん。<納得してない感?> じゃあまあ、とりあえず俺は、元気系で行ってみました。ベタですけどね。聞いてみますか。

 


🎵Grand Funk Railroad We're an American Band(’74)



www.youtube.com

 

 

岡:わかりやすく元気がある。うん。
小:めっちゃ元気そう
岡:そうですね。実際そうなんですよ。映像とか見てもらうとわかる。もう、イケイケなんです。はい。
小:巻き込まれて元気になる
岡:ちなみにドラムが歌ってますからね。こう!やって<どうやってが見たい!>
小:(笑)
岡:ギターとかボーカルじゃないんです。これドラムが歌ってるんです。
小:(笑)
岡:こんなデッッいアフロの(笑)
小:ビジュアルで元気が出る
岡:そう、是非みてください

 

 

ツベ見るとわかるんですけど、本当に、ドラムが歌ってますw だからメンバーはギターとベースとドラムなのかしら?3名しかいなくて、それもちょっと不思議な絵でした。

 

 

小:僕の人生の十曲に入る
岡:はっ!!!!!<息吸ってます!>それぐらい好きなの?テーマとか関係なく? へ〜〜〜〜〜〜
小:そうなんです
岡:なるほど〜〜〜〜〜。へ〜〜〜〜〜〜。
小:自分は5月病経験あり
岡:はいはいはい。そうなんだ・・。
小:大学入って周りと合わなくて
岡:言ってたね。言ってたね。
小:俺無理だ。連休あけに退学届を出した
岡:へ〜〜〜〜
小:履修で心折れてた
岡:でも、それって、その、一生懸命勉強もしてただろうし、あと、お金もかかってるだろうし。もうパチっ <指鳴らしてる?>て辞めるんじゃなくて、休学とかって風には考えられなかったの?
小:大学いても音楽活動の妨げになると思った
岡:あ〜そうか。もうその頃すでに、すごい音楽に対するポテンシャル高かったんだね。で、それでやっていこうと思ってたのね。
小:やっていきたいと思ってた
岡:辞めたらどうしようじゃなかったのね。じゃあね。
小:大学までエスカレーター
岡:はい。言ってましたね
小:とりあえず体験入学でって親に言われた。すぐやめると入学金が半分返ってくる
岡:あ。そうなんだ。へ〜〜。
小:他のやる気も落ちて
岡:へ〜〜〜。
小:ドヨーンとしてた
岡:うん。うん。へ〜〜〜〜〜〜〜。
小:改めてこの曲を聴いてみた。励まされた。BONNIE PINK tonight the night 


🎵BONNIE PINK  Tonight,the Night

 


小:自分が周りとソリが合わなくて辞めたら、そういう曲なんだなって
岡:今夜がその夜
小:はー!と思って
岡:変わるなら今夜よと(笑)
小:暗い曲が多かったBONNIE PINKが変わった
岡:そうなんだ。へ〜。
小:徐々に垢抜けていった
岡:ドラマチックなんだね
小:BONNIE PINKの変化で自分も泣いた
岡:いいですね。いや〜。いい曲出しましたね

 

 

カバーしてみたい曲

 

小:BONNIE PINKやりたいんだけど
岡:やりたかったんでしょ?
小:他だとラップ
岡:へ〜〜〜
小:ライムスター「kufu」工夫
岡:うんうん。
小:知恵と工夫すればいくらでもできる。
岡:なるほど。ふーん。へー。
小:うちもそうだし、僕も常々思ってる。岡村さんのライブも
岡:そうですね。そうですね。
小:それはまさにkufu 工夫
岡:なるほど!!!!<力強くね>
小:うさぎとかめを論破する
岡:へ〜〜〜〜〜!!!
小:RHYMESTER  K.U.F.U

🎵 RHYMESTER  K.U.F.U



www.youtube.com

 

 

小:うさぎとかめを論破
岡:すごいですね(笑)
小:すごい天才のうさぎさんに、弱者のかめが戦う
岡:(笑)
小:うさぎがうかつだったから
岡:あとまぁ、うさぎの慢心良くないって話なんじゃないですか
小:うさぎの慢心良くない
岡:かめ側に立つとね
小:むしろ感情移入するのはかめ側・・
岡:いや、ライムスターいいすよね。ラップのコーナー、そういえばやろうって言ってましたね <さりげなくプレゼン大喜利入れてきます> ねー?それも含めつつ
小:岡村さんの
岡:ボクーーーーーはですね・・・・
小:結構カバーしてますよね
岡:いろんな人してますねー。うん。その中でも、この曲すごい好きなんで。
聴いてみましょうか。竹内まりやでプラスティック ラブ


🎵 竹内まりや   プラスティック・ラブ

 

ツベにあるのが、カバーが多くて・・・ご本人のはこれを探しましたけど、この絵は一体何だったんだろうか分かりません(-ω-;)

 

www.youtube.com

 

 


岡:はい。竹内まりやさんで、プラスティック・ラブでした。知ってました?
小:知ってました
岡:いい曲ですよね。
小:どの辺が岡村さんの琴線に触れた?
岡:俺ね。これね。アーーーーーバン <長いです。アーーーーー> なものに結構弱かったりとかー。あとまあ、恋に傷ついてからー。でもなんかこう強がってるんだけどー。前の人忘れられないんだけどー。切ないわ。みたいな感じの曲、結構好き。弱いんです。結婚に傷ついて今生きてるんだけどー。うまく前の人、上手に忘れられなくてー。都会の中で生きてるみたいな、切なく生きてるみたいな曲、意外と好きなんです
小:女性の曲でこういうの多いけど、実際は違う
岡:もっとタフでしょうね。次!ハイ次!ハイ次!
小:矛盾してる。前の人忘れられないの多いのに。男性は地続き
岡:女性はだって、あれ。リセットって言いますもんね。
小:男は地続き
岡:そう地続き。女性はリセット!リセット!
小:曲の性が男性的か女性的か分析好き。
岡:もう、すっごい、俺は、好きです。こういう曲
小:岡村さんのカバー聴いてみたい
岡:はいはい。<秋にしてくれるかな〜(期待してまーす!)>

 

*エンディング

小:終わりの時間が近づいてきました
岡:す〜〜〜〜〜<息吸ってます> はい。はい。岡村靖幸でし、たっっ。

 

 


*放送後記リンク

PREMIUM ONE 番組の放送後記ブログwww.tokyosmart.jp

 

 

👓 オシマイ